日本からのアクセスの方はこちら

日本語   >中文

電気分解試験
 

本来、純水は電気を通しません。しかし水中には不純物が多く含まれていて、その不純物が多いほど電流がよく流れます。容器内の鉄棒(+)とアルミ棒(-)の電極に電流を流すと、水中に溶解している無機化合物が分解して、(+)と(-)の因子が化合し、固形物となって形態をつくり水が変色していくのがわかります。


あの異物の正体は?大別すると次のように考えられています。

電解物質の種類 ?
赤茶色=鉄サビ(酸化鉄)・水中鉄質・水道管のサビ・電気棒の損失鉄分
緑 色=銅サビ
暗緑色=コロイド状になったフミン質(動植物の死骸)
黒 色=水銀・鉛など貴金属
白 色=アルミニウム洗剤など含まれる化学物質
紅黄色=鉱物質及び酸化しきれない鉄分など
藍 色=農薬・洗剤・肥料などの有機リン


Copyright 2008-2014 Aquars®All right reserved. 沪ICP备06027855号